映画感想

腐女子の映画感想

チェイサー/感想

f:id:bonini:20170823053539j:plain

 

あらすじ

10か月に21人を殺害した疑いで逮捕された、韓国で“殺人機械”と言われた連続殺人鬼ユ・ヨンチョルの事件をベースにした衝撃のクライム・サスペンス。狂気のシリアルキラーをたった一人で追う元刑事の追走劇が、緊迫感あふれるダイナミックかつハイスピードな展開で描かれる。長編初監督の新鋭ナ・ホンジンのもと、連続殺人鬼役のハ・ジョンウと、元刑事役のキム・ユンソクが圧倒的な演技を披露。事件を追う過程で垣間見える人間の心の闇に戦慄(せんりつ)する。(yahoo引用)

 

感想

さすが韓国映画。暗さに救いがないところが日本の映画と違うところ。

私は韓国映画の暗さが好きで暗くなりたいときは韓国映画をみたりするんだけど、チェイサー、人気だけある!

日本だったらぜったい違うエンディングだし、殺し方も生ぬるいとおもう。

まあ日本は規制とか色々あるだろうからだけど・・・

 

途中ひっちゃかめっちゃかだし、あっちはあの容疑、こっちはあの疑いでそれぞれが違うことで同じやつを追いかけて、情報が入り乱れておかしなことになり、犯人に翻弄されて結局釈放。ミジンは助からなかったどころか、余計な犠牲まで出す。

 

世間体や名誉に縛られている警察の無能さ。驕り。しょうもなく皮肉。

 

あと釈放されたあとの尾行が無能すぎる。顔がわれている、しかも女性。たとえあそこで気づき咄嗟に突入したとしても勝ち目がなさすぎる。実際にあったことを題材にしてるみたいだけど、とにかく警察の無能さを皮肉ってる映画みたいだった。

 

暴力的でトラウマになる人もいるといっていたけど、特にそんな・・・でした。

たしかにこういうやつがどこかにいたらそれはそれは恐ろしいし、夜道・・・気をつけよ・・・ってかんじなんだけど・・・

 

最初のドタバタでものすごく笑った!!!!!

コメディーやんけ~とおもったら全然だった。最後はだれも幸せでなくバッドエンド。なにも救えず。

 

理不尽さに沈みたいときはおすすめです。

 

 

広告を非表示にする